低用量ピルをきちんと服用していれば、ほぼ100%の避妊率があると言われています。
そこまで低用量ピルに避妊を頼ることができる理由とはどんなものがあるのでしょうか。
女性の身体は女性ホルモンの影響を大きく受けています。
プロゲストロンとエストロゲンという2種類のホルモンの働きにより、排卵が起こったり、卵子が受精しなかった場合には子宮内膜を剥がして生理を起こすなど、妊娠のための大きな働きを行っています。
低用量ピルを服用すると血中の女性ホルモンの濃度が上がりその情報が脳の視床下部へと送られます。
女性ホルモンの濃度が十分にあるということは妊娠をしている状態だ、と脳が判断して排卵を促すための信号が送られなくなります。
幾ら精子が子宮の中に入ってきたとしても、排卵がされず受精するための卵子がなければ妊娠することはありません。
この作用によって排卵をストップさせて妊娠を防ぐ仕組みになっています。
それと同時に子宮頚管粘膜の粘度を高くして精子が入り込めないようにしたり、子宮内膜を厚くならないようにして万が一受精してしまっても着床しにくい状態を作る作用があります。
これらの状態は低用量ピルを服用している間だけで、服用をやめれば自分本来のホルモンバランスに戻って妊娠することができるようになります。
しかし、これらの低用量ピルの避妊効果はきちんと服用することが前提となります。
服用を忘れてしまうと女性ホルモンの濃度が自分の身体本来のものとなり、排卵が始まってしまう可能性があります。
服用忘れが24時間程度なら問題ないと言われていますが、それ以上の飲み忘れの場合には避妊効果がなくなってしまいます。
毎日決められた錠剤をきちんと服用し続けることが、低用量ピルで避妊効果を実感するための重要なポイントとなります。

低用量ピルの中でもトリキュラーは避妊効果や生理痛緩和などにも効果的で人気の高いものとなっています。
しかし、多くの人に利用されているトリキュラーでも、誤った使い方をしては意味がありません。
正しいトリキュラーの飲み方を身に着けて、正しく低用量ピルを利用しましょう。